• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「発達障害」岩波明著

 人の気持ちが分からない、空気が読めない、同じ失敗を繰り返す――。そういう人は自ら発達障害かもしれないと思いがちだ。本当にそうなのか。

 マスコミで取り上げられる発達障害と医学的な疾患であるそれとは大きなズレがある。そこで、発達障害を正しく知るために書かれたのがこの本だ。映画やテレビなどでおなじみの歴史上の人物などをモチーフにして分かりやすく発達障害を説明している。

 著者は日本では珍しい「発達障害」の専門家で、昭和大学医学部精神医学講座主任教授。発達障害の臨床研究などを主な研究分野にしている。ひょっとして自分は発達障害かも……と悩んでいる人や身近に心当たりの人物がいるという人にお薦めの一冊だ。(文芸春秋 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  10. 10

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

もっと見る