「男と女」の真理を探る本特集

公開日:  更新日:

「男と女の品格。」伊集院静著

 男にとって女は理解不能な存在。永久に分かり合えない生き物だと感じることもある。しかし、それはこっちのセリフだと女も言うだろう。そんな相いれない関係の男と女の間に問題が発生しないワケがない。今回は、男と女の真理を探る5冊を紹介――。

 週刊文春の大人気連載「悩むが花」に掲載された人生相談から選りすぐった、伊集院静流の名言苦言を収録した本書。

 自社の受付嬢を愛人にしたいが、どう攻めるのがよいかと相談する58歳の会社社長には、恋愛の基本は相撲と同じで、押しと突きが大切であるとアドバイス。その一方で、小技を使えば勝負のスケールが小さくなり、大技で返される。大技を女房が放てば、地位も名誉も何もかもなくす恐れがあると、そっと注意することも忘れない。

 普段は真面目でおとなしい夫が、夜中にひとりで暴言を吐く現場を目撃してしまい、自分は何をしてやれるのかと悩む25歳の新妻には、男にはつらいときもあると説明。そして、見ぬふり、聞こえなかったふりを体得することも夫婦には大切であると、愛情の形を優しく説いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る