個人情報を蓄積したビッグデータ 中国も注目するその正体

公開日: 更新日:

「ビッグデータという独裁者」マルク・デュガンほか著、鳥取絹子訳

 いま地球全体では1分間に30万件のツイートが発信され、グーグルでは200万件のキーワードが検索され、2億4000万件のメールが発信されている。その一つ一つが個人情報として記録され、集積され、各ネット企業の隠れ資産、すなわち膨大な広告収入などの基盤となっている。

 この、断片的だが驚異的な蓄積がビッグデータ。本書はその危険性を論じたフランスで話題の書。

 ICチップを埋め込んだ交通系カードで改札を通り、スーパーやコンビニの買い物でポイントを貯め、ネット通販でショッピングするたびにデータの量は刻々と増加し、利便性も増してゆくが、実はすべての行動を逐一報告しているも同然。

 つまり、自分から監視されに行っているようなものだと批判する。だが、この時代は昔と違って人々の行動を規制しない。逆にこれまでの行動のデータを分析し、そのアルゴリズムからあなたが次にどう動くかを予測し、先回りして介入するのだ。オーウェルが「1984」で描いたのより何倍も何十倍も恐ろしいビッグデータという名の牢獄(ろうごく)がそこにある。(筑摩書房 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  3. 3

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  10. 10

    <後>天敵・菅首相の「デジタル庁」に完敗した小池都知事

もっと見る