個人情報を蓄積したビッグデータ 中国も注目するその正体

公開日:

「ビッグデータという独裁者」マルク・デュガンほか著、鳥取絹子訳

 いま地球全体では1分間に30万件のツイートが発信され、グーグルでは200万件のキーワードが検索され、2億4000万件のメールが発信されている。その一つ一つが個人情報として記録され、集積され、各ネット企業の隠れ資産、すなわち膨大な広告収入などの基盤となっている。

 この、断片的だが驚異的な蓄積がビッグデータ。本書はその危険性を論じたフランスで話題の書。

 ICチップを埋め込んだ交通系カードで改札を通り、スーパーやコンビニの買い物でポイントを貯め、ネット通販でショッピングするたびにデータの量は刻々と増加し、利便性も増してゆくが、実はすべての行動を逐一報告しているも同然。

 つまり、自分から監視されに行っているようなものだと批判する。だが、この時代は昔と違って人々の行動を規制しない。逆にこれまでの行動のデータを分析し、そのアルゴリズムからあなたが次にどう動くかを予測し、先回りして介入するのだ。オーウェルが「1984」で描いたのより何倍も何十倍も恐ろしいビッグデータという名の牢獄(ろうごく)がそこにある。(筑摩書房 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る