「ハイド」ダニエル・ルヴィーン著、羽田詩津子訳

公開日: 更新日:

 ロバート・ルイス・スティーブンソンによって1886年に刊行された古典的名著「ジキル博士とハイド氏」。ある人間が、善を象徴するジキル博士から悪を象徴するハイド氏に変身するというストーリーは、その斬新なアイデアが多くの人を引きつけ、長年読み継がれてきた。本書は、この「ジキル博士とハイド氏」を元本に、悪役を押し付けられているハイド側の視点からストーリーを構築し直した物語。

 著者は、高校や大学でクリエーティブライティングを教える傍ら、本作でデビューを果たしたコロラド州ボルダー在住の新進作家だ。

 本書では、ジキル側の告白では見えてこなかったジキルの生い立ちや恋愛、ジキルがふたつの人格を必要とした理由がつづられ、途中、殺人事件が引き起こされるまでの経緯も明らかにされる。ロンドンの街で誰にもいえない秘密を抱えている主人公の中で、どんな葛藤が起こっていたのか、その精神の深淵をのぞき込むような読書体験ができる。(KADOKAWA 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    花嫁の逆襲 私の結婚式を台無しにしたあの女が許せない!

  3. 3

    錦織圭やはり問われる「チーム体制」万年8強止まりの元凶

  4. 4

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  5. 5

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  6. 6

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  7. 7

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  8. 8

    交流戦で打率急降下…G坂本が迫られる「本塁打か安打か」

  9. 9

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

  10. 10

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る