「ハイド」ダニエル・ルヴィーン著、羽田詩津子訳

公開日: 更新日:

 ロバート・ルイス・スティーブンソンによって1886年に刊行された古典的名著「ジキル博士とハイド氏」。ある人間が、善を象徴するジキル博士から悪を象徴するハイド氏に変身するというストーリーは、その斬新なアイデアが多くの人を引きつけ、長年読み継がれてきた。本書は、この「ジキル博士とハイド氏」を元本に、悪役を押し付けられているハイド側の視点からストーリーを構築し直した物語。

 著者は、高校や大学でクリエーティブライティングを教える傍ら、本作でデビューを果たしたコロラド州ボルダー在住の新進作家だ。

 本書では、ジキル側の告白では見えてこなかったジキルの生い立ちや恋愛、ジキルがふたつの人格を必要とした理由がつづられ、途中、殺人事件が引き起こされるまでの経緯も明らかにされる。ロンドンの街で誰にもいえない秘密を抱えている主人公の中で、どんな葛藤が起こっていたのか、その精神の深淵をのぞき込むような読書体験ができる。(KADOKAWA 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  9. 8

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

  10. 9

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る