「日雇い浪人生活録(三)金の策謀」上田秀人著

公開日: 更新日:

 浪人の左馬介は、その仕事ぶりが認められ、両替商・分銅屋の用心棒に雇われる。夜逃げした貸方屋(金貸し)駿河屋を店ごと買い取った分銅屋の主・仁左衛門は、駿河屋から金を借りたままになっていた勘定吟味役の千種に返済を求めるが、返事がない。千種は、借金がなかったことにしようとあれこれ画策する。

 一方、「幕政のすべてを米から金に移行せよ」との先代・吉宗の遺命を果たすため仁左衛門の力を借りる田沼意次は、請われて札差の加賀屋と面会。加賀屋は意次に仁左衛門との付き合いをやめるよう求めてくるが、意次はきっぱりと断る。数日後、左馬介は何者かに尾行されていることに気づく。

 金と利権をめぐる争いを描く時代エンターテインメント。(角川春樹事務所 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    綾瀬はるか“新・視聴率の女王”確実も…恋愛成就を危ぶむ声

  5. 5

    自公議員が銀座でハシゴ酒…芸能人は“音沙汰なし”のナゼ

  6. 6

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  7. 7

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  10. 10

    羽生と決別か…オーサー氏が中国人選手の指導に熱心な理由

もっと見る

人気キーワード