• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「竜宮城と七夕さま」浅田次郎著

 浦島太郎の話は謎だらけ。亀の背中で海の底に向かうとき、どうやって呼吸したのか。乙姫様との関係はどうだったのか。竜宮城ではどんなごちそうを食べたのか。まさかサシミではあるまい。

 あるいは、雨の七夕。逢瀬がかなわなかった彦星と織姫の関係はどうなるのか。いくら愛し合っていても1年も会わずにいたら破綻するのではないか。

 物語や伝説に想像力を涵養された少年は、長じて小説家になった。今では超多忙な売れっ子作家。朝から晩まで書斎にこもって原稿を書いているのかと思いきや、その日常は実にタフでアクティブ。小説の取材で中国に通い、締め切りの隙間を縫ってラスベガスで息抜き。愛馬が出走するとなれば、地方競馬場に遠征する。年齢相応の不具合を抱えながらも、熱い風呂が大好きで、食い意地は人一倍。「汝は何故痩せんと欲するか。ただちにダイエットの煩悩を去れ」と、都合のよい天の声を聞いたりする。

 そうした日々の出来事が、作家自身の手で料理されて、笑いと滋味をたっぷり含んだ絶品エッセーになる。

 JALの機内誌「スカイワード」の人気連載をまとめた単行本の4冊目、全40話。作家の話術に引き込まれ、読み出したら止まらない。

 (小学館 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る