「竜宮城と七夕さま」浅田次郎著

公開日: 更新日:

 浦島太郎の話は謎だらけ。亀の背中で海の底に向かうとき、どうやって呼吸したのか。乙姫様との関係はどうだったのか。竜宮城ではどんなごちそうを食べたのか。まさかサシミではあるまい。

 あるいは、雨の七夕。逢瀬がかなわなかった彦星と織姫の関係はどうなるのか。いくら愛し合っていても1年も会わずにいたら破綻するのではないか。

 物語や伝説に想像力を涵養された少年は、長じて小説家になった。今では超多忙な売れっ子作家。朝から晩まで書斎にこもって原稿を書いているのかと思いきや、その日常は実にタフでアクティブ。小説の取材で中国に通い、締め切りの隙間を縫ってラスベガスで息抜き。愛馬が出走するとなれば、地方競馬場に遠征する。年齢相応の不具合を抱えながらも、熱い風呂が大好きで、食い意地は人一倍。「汝は何故痩せんと欲するか。ただちにダイエットの煩悩を去れ」と、都合のよい天の声を聞いたりする。

 そうした日々の出来事が、作家自身の手で料理されて、笑いと滋味をたっぷり含んだ絶品エッセーになる。

 JALの機内誌「スカイワード」の人気連載をまとめた単行本の4冊目、全40話。作家の話術に引き込まれ、読み出したら止まらない。

 (小学館 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  3. 3

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  4. 4

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  5. 5

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  6. 6

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  7. 7

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  8. 8

    フリーアナ古瀬絵理さんが酔うと…捕獲された宇宙人に?

  9. 9

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  10. 10

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

もっと見る