• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「AX(アックス)」伊坂幸太郎著

 主人公は、普段は文房具メーカーに勤めるサラリーマンとしてごく普通に暮らしている殺し屋・兜。凄腕の殺し屋だったが、実は殺しの仕事よりも、予測不能な妻のご機嫌をうかがうことに何よりも神経を使って過ごしている。そんな兜は、息子・克巳が生まれて以来、殺し屋の仕事に疑問を持つようになり、何とかやめたいと思い始めた。しかし、殺人依頼をしてくる仲介屋の医師にあれこれと脅され、なかなかこの世界から足を洗うことができない。もちろん、家族は兜の殺し屋の仕事については何も知らなかった。やめると家族に危害が及ぶのではと危惧するなか、果たして殺し屋稼業から無事に脱出できるのか……。

 人気の著者による恐妻家の殺し屋を主人公にした連作短編集。夜中に帰宅した際に妻を起こさないように細心の注意を払う主人公と、家族思いの父親の姿を複雑な思いで見つめる息子の関係がストーリーを思わぬ展開へと運んでいく。殺し屋という仕事と主人公のキャラクター設定のギャップが絶妙で、読み手を飽きさせない。

 ユーモアと家族愛が満ちており、読後に温かな気持ちになれる。

(KADOKAWA 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る