「超能力微生物」小泉武夫著

公開日:  更新日:

 肥沃な水田の土1グラム中には最大43億個もの細菌が生息しているという。地球の細菌、カビ、酵母などの微生物の数は天文学的数値となり、その種類も正確には分からないそうだ。中には、地上40キロの成層圏や、水深6500メートルの深海、アルミニウムも溶けるような濃硫酸にも耐える微生物がいる。こうした過酷な環境に耐えられる菌体構造と生理作用を身につけてきた微生物を「超能力微生物」と名付け、その正体に迫るサイエンスエッセー。

 中国の肉の発酵食品の中から見つかった動物性の脂を植物性の油に変えてしまう微生物など、超能力微生物の知られざる能力を紹介しながら、エネルギーや環境、食糧問題など、人類が直面する課題を解決に導く彼らの可能性にも言及。(文藝春秋 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

もっと見る