「高倉健 七つの顔を隠し続けた男」森功著

公開日: 更新日:

 俳優・高倉健の私生活は謎に包まれているが、最後の謎が、死後に突然現れた養女の存在である。高倉健が死んだとき、その密葬を取り仕切ったのは養女を名乗る小田貴(たか)という女性だった。高倉健の妹や甥、姪は知らせを受けなかったため、葬儀には誰も出席していない。

 高倉プロの専務だった日高も火葬に立ち会えなかった。入籍申請書類の保証人になっているが、日高は何も書かれていない白紙の申請書に、頼まれてサインしたという。高倉の本名は「小田剛一(タケイチ)」なのに、申請書には「ゴウイチ」と振り仮名が書いてあった。

 貴は40億円の遺産を相続した後、高倉の愛車を売り払い、自宅を取り壊す……。高倉健の人生の7つの謎に迫るノンフィクション。
(講談社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  9. 9

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

  10. 10

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

もっと見る