「武士マチムラ」今野敏著

公開日:  更新日:

 物語の主人公は、琉球王国・泊村に住む元服間近の少年・松茂良樽金。ヤマト薩摩藩の侵攻をよく思わず、朝貢貿易の相手国・中国に憧れを抱いていた彼は、手(ティー)と呼ばれる武術に興味を持ち、父のもとで指南を受けた。

 さらに元服を終えて興作という名を授かった後に、宇久親雲上、照屋親雲上といった手の名士たちの下で修行を重ね、才能をめきめきと伸ばして島の英雄となっていく。そんな折、明治維新の荒波がヤマト幕府を襲い、琉球王国を支配していた薩摩藩も消滅することに。

 ヤマトの配下から逃れられるかに思えたが、琉球王国は消滅。興作は手の修行を通して沖縄人の在り方を模索するのだが……。

「隠蔽捜査」シリーズなどで人気の著者による最新作。道場「空手道今野塾」を主宰する空手有段者の顔を持つ著者だけあって、その道を極めようと挑む若者の心模様の描写が秀逸。

 歴史に翻弄される沖縄の義憤と葛藤を、ひとりの男の生涯を通して描いている。

(集英社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る