「黒沢清の全貌」文學界編集部編

公開日:  更新日:

 黒沢が映画「LOFT」の中で、ヒロインの中谷美紀が悲鳴を上げてから悲鳴を起こさせる原因を後で見せていることを、蓮實重彦は指摘した。黒沢は、音がしてから悲鳴を上げる段取りで撮影を進めていたが、本当に音を立てるとマイクが拾ってしまうので、音がしたという設定で合図を出して悲鳴を上げてもらった、という。ところが、後で効果音を入れたら、スタッフ全員が「これ、違いますね」。「ガタッ」を入れると悲鳴のよさを殺してしまう。だから「キャッ」の後に音を入れた。それは中谷美紀の〈悲鳴の力〉だと蓮實は言う。

「不穏な」映画を作り続ける現場の臨場感が伝わってくる対談&エッセー&インタビュー。

(文藝春秋 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る