頭のコリをもみほぐせば全身の不調が一気に解消

公開日: 更新日:

「ストレスとりたきゃ頭蓋骨をもみなさい」寺林陽介著

 ストレスを感じ続けていると、頑固な肩こりや眼精疲労、食欲不振、寝つきが悪くなるなどの不調が表れるが、ある1カ所をマッサージするだけでこれらを解消できると本書。その場所は、頭蓋骨。骨自体をもむわけではないが、頭蓋骨をもみほぐすつもりでしっかりと頭をマッサージすると、ストレスによる全身の不調軽減に役立つという。

 頭蓋骨と頭皮の間には、前頭筋、側頭筋、後頭筋といった筋肉があり、その中や周辺には微細な血管や神経がたくさん通っている。ストレスを処理するのは脳であるため、頭の筋肉が全身のどの部位よりもストレスの影響を受けやすく、コリやすいといえる。そして、コリを放置して頭の血管や神経が圧迫されると、ストレスへの対処も不十分になり、不調が増し、さらにストレスが増すという悪循環にも陥りかねないのだ。

 頭蓋骨マッサージの方法は非常に簡単で、1日3分程度行えばOK。両手の握りこぶしで耳の上をグリグリと上下に動かすようにもみほぐし、次に手のひらをこめかみに当ててぐるぐると回したら、再び握りこぶしで首すじの頭蓋骨の下のラインを細かく刺激していく。最後に、両手のひらを側頭部に当て、手のぬくもりを感じながら30数えれば終了だ。

 1度行うだけでも、集中力が高まったり視界がクリアになるなどの効果を感じることができるはず。長引く不調があるならば、頭の筋肉をもみほぐしてみては。

 (アスコム 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  2. 2

    非ジャニオタも取り込んだSnow Man 初動90万枚突破の秘訣

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  5. 5

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  6. 6

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  7. 7

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  8. 8

    堺雅人が育メンでやっと充実オフ「半沢直樹」の“役落とし”

  9. 9

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  10. 10

    新庄剛志が「あんまり今お金ない」発言…では何を生業に?

もっと見る

人気キーワード