• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「あらゆる病気は歩くだけで治る!」青栁幸利著

 東京都健康長寿医療センター研究所で、身体活動と病気予防に関する研究を続けてきた著者。5000人を対象とした17年間の調査で導き出した健康長寿を手に入れる歩き方の黄金律が、1日「8000歩・早歩き20分」だという。

“健康にいいのは1日1万歩”というスローガンには、実は根拠がない。高度経済成長期に、生活習慣病を患う成人男性の摂取カロリーが平均値より300キロカロリー多かったことから、これを消費できる運動量=1日1万歩といわれるようになった。しかし、年齢や性別、体重による消費カロリーの差は考慮されておらず、また“歩き方”についても触れられていない点が問題だと本書。だらだらと歩いても運動効果は低いし、逆に早く歩き過ぎると関節や骨に悪影響を及ぼしかえって逆効果になるためだ。

 そこで「8000歩・早歩き20分」だ。全体的な運動量は8000歩で十分。ただしそのうち、20分は早歩き、つまり“中強度”と呼ばれる運動強度を取り入れるのがいい。これを2カ月以上続けることで、高血圧・糖尿病・脂質異常症の発症率が下がることが分かっているという。自分にとっての中強度の早歩きの目安は、3分歩いても何とか会話ができること。ちなみに、3分経ってもまったく息が上がらず鼻歌が歌える程度は“低強度”、まったく会話ができない場合は“高強度”の運動と見なすことができるという。

 通勤途中にも取り入れることができる、歩くだけの健康法。実践しない手はない。

(SBクリエイティブ 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事