「ラム&コーク」東山彰良著

公開日:  更新日:

 家業の墓石会社で働く礼は、中国進出をもくろむ父親から、腹違いの兄・冴と中国語講座に通うよう命じられる。講師は冴の幼馴染みの翔子だという。名ばかり専務で、中国人従業員のまとめ役をさせられている礼は、断りたいが、殺人ほう助の前科がある礼を雇ってくれるところは他にない。

 同じころ、闇金と地下銀行を営む瀬川の下で働く中国人の林傑と羅偉慈は、客の呉富貴を利用して瀬川のタンス預金を奪う計画を立てる。呉富貴は、瀬川の孫娘・翔子の元恋人だった。翔子を利用するため、彼女の講義に林傑が乗り込む計画を立てるが、思わぬ横やりが入ってしまう。

 直木賞作家の初期クライムノベル。

 (光文社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  8. 8

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  9. 9

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  10. 10

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

もっと見る