「ラム&コーク」東山彰良著

公開日: 更新日:

 家業の墓石会社で働く礼は、中国進出をもくろむ父親から、腹違いの兄・冴と中国語講座に通うよう命じられる。講師は冴の幼馴染みの翔子だという。名ばかり専務で、中国人従業員のまとめ役をさせられている礼は、断りたいが、殺人ほう助の前科がある礼を雇ってくれるところは他にない。

 同じころ、闇金と地下銀行を営む瀬川の下で働く中国人の林傑と羅偉慈は、客の呉富貴を利用して瀬川のタンス預金を奪う計画を立てる。呉富貴は、瀬川の孫娘・翔子の元恋人だった。翔子を利用するため、彼女の講義に林傑が乗り込む計画を立てるが、思わぬ横やりが入ってしまう。

 直木賞作家の初期クライムノベル。

 (光文社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  2. 2

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  3. 3

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  4. 4

    武蔵小杉は浸水…著名人が住む“元祖”セレブエリアは安全か

  5. 5

    もはや“国民的上司” 天海祐希も昔は「生意気」だった?

  6. 6

    被災地尻目に自衛隊を中東派遣「防災より防衛」のアベコベ

  7. 7

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  8. 8

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  9. 9

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  10. 10

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る