「やさしい猫の看取りかた」監修 沖山峯保 絵 立原圭子

公開日:  更新日:

 いまや空前の猫ブーム。しかし、ブームということはやがて廃れることが予想される。かつて、シベリアンハスキー犬が流行となったが、ブームが去った後には持てあまして野に放した飼い主も数多くいた。動物病院の院長である著者は、この猫ブームにも同様の危惧を抱く。

 猫を飼うことはファッションではなく、一度飼った以上、最期まで看取ることを覚悟しなければいけない。では、どうやればきちんと看取ることができるのか。本書は、そのノウハウをわかりやすく解説する。

 まずは、爪とぎや毛玉吐きなど基本的な猫の生態を理解することから始まり、病気や老いの徴候の見方、ペット保険や動物病院の選び方、葬儀の具体例まで細かに説明していく。さらに、安楽死という選択肢、ペットロスの対処の仕方、災害時における猫の守り方などにも言及している。

 猫との付き合い方がコンパクトにまとめられ、猫飼い初心者にも便利。ほっこりした絵が、看取りというつらい出来事を優しく包んでくれる。

(角川春樹事務所 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る