「猫の學校2老猫専科」南里秀子著

公開日:

 かつて5歳前後だった猫の平均寿命は、今や約15歳まで延びているという。本書は、これまで留守宅の猫約5万匹の世話や、飼い主が飼えなくなった猫を引き取り、ともに暮らしてきた著者が、その体験を通じて得た老猫との接し方や見送り方を伝授するペット読本。

 猫の老化は被毛や爪など体だけでなく、行動や動作にも変化が表れる。夜鳴きや突然の絶叫は、聴力の衰えで情報量が減って不安になる「テリトリー不安」が原因なので、優しくなでたり、姿を見せて不安を取り除くようにするなど、対処法を具体的にアドバイス。老猫には「特別なことをしない特別」を旨に、普段通りの生活が続けられるようにさりげない形で支えることが大切だと説く。

 人も猫も最期まで幸せに暮らせるヒントが満載。(ポプラ社 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る