• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「猫の學校2老猫専科」南里秀子著

 かつて5歳前後だった猫の平均寿命は、今や約15歳まで延びているという。本書は、これまで留守宅の猫約5万匹の世話や、飼い主が飼えなくなった猫を引き取り、ともに暮らしてきた著者が、その体験を通じて得た老猫との接し方や見送り方を伝授するペット読本。

 猫の老化は被毛や爪など体だけでなく、行動や動作にも変化が表れる。夜鳴きや突然の絶叫は、聴力の衰えで情報量が減って不安になる「テリトリー不安」が原因なので、優しくなでたり、姿を見せて不安を取り除くようにするなど、対処法を具体的にアドバイス。老猫には「特別なことをしない特別」を旨に、普段通りの生活が続けられるようにさりげない形で支えることが大切だと説く。

 人も猫も最期まで幸せに暮らせるヒントが満載。(ポプラ社 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  10. 10

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

もっと見る