「猫の學校2老猫専科」南里秀子著

公開日: 更新日:

 かつて5歳前後だった猫の平均寿命は、今や約15歳まで延びているという。本書は、これまで留守宅の猫約5万匹の世話や、飼い主が飼えなくなった猫を引き取り、ともに暮らしてきた著者が、その体験を通じて得た老猫との接し方や見送り方を伝授するペット読本。

 猫の老化は被毛や爪など体だけでなく、行動や動作にも変化が表れる。夜鳴きや突然の絶叫は、聴力の衰えで情報量が減って不安になる「テリトリー不安」が原因なので、優しくなでたり、姿を見せて不安を取り除くようにするなど、対処法を具体的にアドバイス。老猫には「特別なことをしない特別」を旨に、普段通りの生活が続けられるようにさりげない形で支えることが大切だと説く。

 人も猫も最期まで幸せに暮らせるヒントが満載。(ポプラ社 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  2. 2

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  3. 3

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  4. 4

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  5. 5

    千葉被災者から怒りと悲鳴…支援金わずか13億円という冷酷

  6. 6

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  7. 7

    G原監督 オーナー絶賛も“独裁”拍車で「短命政権」の可能性

  8. 8

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  9. 9

    事務所の社長を自ら解雇…小林幸子はマスコミから袋叩きに

  10. 10

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る