「登山者のための法律入門」溝手康史著

公開日:  更新日:

 山岳事故や登山に関するトラブルの増加とともに、法的責任問題が生じるケースが増えている。本書は、登山に関する法的紛争を回避するノウハウや登山の危機管理についての指南書。

 例えば友人同士との登山の場合。初心者の友人が登山道から転落する事故が起きても、パーティーを組んでいたのが熟練者の友人だったとしても法的な責任は生じない。しかし、熟練者が初心者を「俺がついているから大丈夫」と積極的に雪山などに誘った場合などは、熟練者に安全確保義務が生じるケースもあるという。

 山岳事故における責任の所在から、山での植物採取やトレイルランやマウンテンバイクの是非――山のマナーと法律の関係など。登山愛好家必携の書。(山と溪谷社 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る