• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「登山者のための法律入門」溝手康史著

 山岳事故や登山に関するトラブルの増加とともに、法的責任問題が生じるケースが増えている。本書は、登山に関する法的紛争を回避するノウハウや登山の危機管理についての指南書。

 例えば友人同士との登山の場合。初心者の友人が登山道から転落する事故が起きても、パーティーを組んでいたのが熟練者の友人だったとしても法的な責任は生じない。しかし、熟練者が初心者を「俺がついているから大丈夫」と積極的に雪山などに誘った場合などは、熟練者に安全確保義務が生じるケースもあるという。

 山岳事故における責任の所在から、山での植物採取やトレイルランやマウンテンバイクの是非――山のマナーと法律の関係など。登山愛好家必携の書。(山と溪谷社 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る