「絶望の歌を唄え」堂場瞬一著

公開日: 更新日:

 主人公は、国連が派遣する選挙監視委員会のメンバーのひとりとして警視庁から選ばれ、政情不安のある国に赴任することになった安宅真。蒸し暑さのなか、無事に選挙が行われようとした矢先、安宅のすぐそばでトラックを使ったテロが起きる。

 難は逃れたものの、音楽の趣味を通して現地で親しくなったジャーナリスト・田澤直人は行方知れずとなった。友を失ったことをきっかけに安宅は帰国後に警察を辞め、定年後の夢だったコーヒー店の店主に転身することに。

 ところが10年たったある日、コーヒー店のすぐそばで不審な爆発が起こる。記憶がフラッシュバックした安宅は、日本でもあの時と同じテロが起こったと確信するのだが……。

 警察小説を得意とする著者が書いた元刑事が主人公のハードボイルドサスペンス。過去と決別したはずなのに、刑事としての本能がうずいた安宅が、丸腰かつ捜査権もないという不利な状況のまま真相に近づいていく過程がハラハラさせる。(角川春樹事務所 1600円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る