「絶望の歌を唄え」堂場瞬一著

公開日:  更新日:

 主人公は、国連が派遣する選挙監視委員会のメンバーのひとりとして警視庁から選ばれ、政情不安のある国に赴任することになった安宅真。蒸し暑さのなか、無事に選挙が行われようとした矢先、安宅のすぐそばでトラックを使ったテロが起きる。

 難は逃れたものの、音楽の趣味を通して現地で親しくなったジャーナリスト・田澤直人は行方知れずとなった。友を失ったことをきっかけに安宅は帰国後に警察を辞め、定年後の夢だったコーヒー店の店主に転身することに。

 ところが10年たったある日、コーヒー店のすぐそばで不審な爆発が起こる。記憶がフラッシュバックした安宅は、日本でもあの時と同じテロが起こったと確信するのだが……。

 警察小説を得意とする著者が書いた元刑事が主人公のハードボイルドサスペンス。過去と決別したはずなのに、刑事としての本能がうずいた安宅が、丸腰かつ捜査権もないという不利な状況のまま真相に近づいていく過程がハラハラさせる。(角川春樹事務所 1600円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  4. 4

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  5. 5

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る