• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「アルテミス」(上・下) アンディ・ウィアー著 小野田和子訳

 人類初の月面都市「アルテミス」を舞台にした長編である。従ってSFではあるけれどミステリーの読者にも読んでもらいたい。これはそういう長編だ。

 なぜなら、メインストーリーが、ある破壊工作だからである。主人公は非合法の運び屋稼業をしている女性ジャズ。依頼された破壊工作のために彼女が集めたのはその道のプロばかり。たとえば、ずっと仲たがいしていた父親もジャズが頭を下げて参加してもらうのだが、この父親は溶接のプロ。他にも船外活動のプロに、電子機器のプロ。彼らが困難なミッションに取り組む姿をテンポよく描いていくから、いやあ、面白い。

 宇宙における冒険を描く小説であるので、やや専門的な用語が頻出するが、なあに、わからないところは飛ばせばいい。それでも彼らが直面する困難(この手の小説の定石通り、アクシデントが次々に起こり、それらをどう乗り越えていくかが読みどころである)と、解決までのサスペンスは十分に味わえるだろう。

「アルテミス」の女性統治官グギ、保安部のボスでいつもジャズを見張っているルーディなどの個性的な脇役もなかなかによく、さらにアクションの切れもいいから一気読み。

 アンディ・ウィアーはWEBで公開した「火星の人」(映画化のタイトルは「オデッセイ」)で一躍有名になった人で、本書が2作目。作者はこの「アルテミス」を舞台にしたシリーズを考えているとのこと。それもまた楽しみだ。(早川書房 各640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  3. 3

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る