北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「アルテミス」(上・下) アンディ・ウィアー著 小野田和子訳

公開日:  更新日:

 人類初の月面都市「アルテミス」を舞台にした長編である。従ってSFではあるけれどミステリーの読者にも読んでもらいたい。これはそういう長編だ。

 なぜなら、メインストーリーが、ある破壊工作だからである。主人公は非合法の運び屋稼業をしている女性ジャズ。依頼された破壊工作のために彼女が集めたのはその道のプロばかり。たとえば、ずっと仲たがいしていた父親もジャズが頭を下げて参加してもらうのだが、この父親は溶接のプロ。他にも船外活動のプロに、電子機器のプロ。彼らが困難なミッションに取り組む姿をテンポよく描いていくから、いやあ、面白い。

 宇宙における冒険を描く小説であるので、やや専門的な用語が頻出するが、なあに、わからないところは飛ばせばいい。それでも彼らが直面する困難(この手の小説の定石通り、アクシデントが次々に起こり、それらをどう乗り越えていくかが読みどころである)と、解決までのサスペンスは十分に味わえるだろう。

「アルテミス」の女性統治官グギ、保安部のボスでいつもジャズを見張っているルーディなどの個性的な脇役もなかなかによく、さらにアクションの切れもいいから一気読み。

 アンディ・ウィアーはWEBで公開した「火星の人」(映画化のタイトルは「オデッセイ」)で一躍有名になった人で、本書が2作目。作者はこの「アルテミス」を舞台にしたシリーズを考えているとのこと。それもまた楽しみだ。(早川書房 各640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る