「世界を変えた暦の歴史」谷岡一郎著

公開日:  更新日:

 暦が人類の社会誕生のプロセスに果たした役割を解説した歴史読み物。

 暦登場以前、人々はまず月のサイクルに注目。月の変化が潮の満ち引きなどに関連していることが分かり、食物の採集や漁などのリズムを変えていった。やがて月が約12回満ち欠けを繰り返すくらいのサイクルで太陽の昇る位置が変化し、季節が変わることにも気がつく。定住化が進み、農業が始まると、さらにそのサイクルに敏感になっていった。およそ5000年前の古代エジプトでは、既に1年を「365日と4分の1」して、それが農業の発展に大きく寄与したという。

 天文学によってその基礎が構築された集団生活が、暦の出現によって社会へと変化し、社会の発展がより正確な暦を生み出していく過程を詳述。(PHP研究所 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る