「天文学者たちの江戸時代」嘉数次人著

公開日: 更新日:

 日本の天文学の大転換点となった江戸時代の天文学者たちの業績やその人生を紹介する江戸科学エッセー。 

 中国の暦を輸入して使っていた日本は、862年に宣明暦を輸入、施行して以来、それまで行っていた改暦を行わず江戸時代に突入。17世紀の終わりに新しい暦が編纂され、約800年ぶりとなる改暦が実施される。その暦編纂の中心人物だった渋川春海をはじめ、改暦を断行するため自ら天文の観測も手掛け、西洋天文学を紹介した中国の書物群「漢訳天文書」の輸入を命じた徳川吉宗、その漢訳天文書によって新しい宇宙観を確立した麻田剛立など。

 はるかなる宇宙に思いを馳せた先人たちの人生とその思索の過程をたどる。(筑摩書房 780円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  4. 4

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  5. 5

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  6. 6

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  7. 7

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  8. 8

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る