「天文学者たちの江戸時代」嘉数次人著

公開日:  更新日:

 日本の天文学の大転換点となった江戸時代の天文学者たちの業績やその人生を紹介する江戸科学エッセー。 

 中国の暦を輸入して使っていた日本は、862年に宣明暦を輸入、施行して以来、それまで行っていた改暦を行わず江戸時代に突入。17世紀の終わりに新しい暦が編纂され、約800年ぶりとなる改暦が実施される。その暦編纂の中心人物だった渋川春海をはじめ、改暦を断行するため自ら天文の観測も手掛け、西洋天文学を紹介した中国の書物群「漢訳天文書」の輸入を命じた徳川吉宗、その漢訳天文書によって新しい宇宙観を確立した麻田剛立など。

 はるかなる宇宙に思いを馳せた先人たちの人生とその思索の過程をたどる。(筑摩書房 780円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  5. 5

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  6. 6

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る