「本能寺の変 生きていた光秀」井上慶雪著

公開日:  更新日:

 茶道・歴史研究家で83歳の著者が強く主張するのが「本能寺の変は豊臣秀吉の陰謀であり、明智光秀は冤罪を被った」という説である。

 そもそも明智光秀と織田信長の間に不協和音あり、という定番が語り継がれてきたが、これは江戸中期の戯作者が面白おかしく描いた「川角太閤記」と「明智軍記」が、史実かのように流布したためだという。

 光秀は死んでおらず、比叡山僧侶と入れ替わった説を展開。家康が幕閣に招聘(しょうへい)した碩学(せきがく)の僧侶・天海こそが光秀本人と説く。比叡山不動堂にある古い石灯籠の謎、徳川家光の出生や関ケ原の戦いの勝因など、驚くべき論拠を重ねていく。説得力もあり、今までの史観が一変する可能性も。たどり着くのは「歴史は時の権力者が歪曲・捏造(ねつぞう)し、都合のよいように書き換えている」という結論だ。 (祥伝社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る