• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「幕末 暗殺!」谷津矢車、早見俊ほか著

 慶応2年12月、天然痘で亡くなったとされる孝明天皇。突然の病死とあって、巷には毒を盛られたのではないかという噂が流れていた。

 真実を何としても知りたいと考えたある青年将校は、真相を聞くべく外務卿兼右大臣の岩倉具視に直接疑問をぶつける。「わてが毒を盛ったとしたら、どないする?」と尋ねる岩倉に1年の猶予を与えられ、彼は参議を務める木戸孝允、日本語書記官のアーネスト・サトウ、海軍大輔の勝海舟、陸軍元帥兼参議の西郷隆盛、大蔵卿の大久保利通らに聞き込みを開始。それぞれの証言から導き出した真相は思いがけないものだった……。(「明治の石」)

 歴史時代小説の世界に、新しい風を呼び込むべく集まった作家集団「操觚の会」のメンバーが、幕末に起きた暗殺を題材にして描いた書き下ろし短編競作集。

 取り上げられているのは桜田門外の変、塙忠宝暗殺、清河八郎暗殺、佐久間象山暗殺、坂本龍馬暗殺、油小路の変、孝明天皇毒殺という、幕末期に立て続けに起きた7つの事件。暗殺事件の定説を見事に覆す新しい展開に、歴史推理ファンなら、ツボにはまること間違いなしだ。(中央公論新社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  9. 9

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る