「幕末 暗殺!」谷津矢車、早見俊ほか著

公開日:  更新日:

 慶応2年12月、天然痘で亡くなったとされる孝明天皇。突然の病死とあって、巷には毒を盛られたのではないかという噂が流れていた。

 真実を何としても知りたいと考えたある青年将校は、真相を聞くべく外務卿兼右大臣の岩倉具視に直接疑問をぶつける。「わてが毒を盛ったとしたら、どないする?」と尋ねる岩倉に1年の猶予を与えられ、彼は参議を務める木戸孝允、日本語書記官のアーネスト・サトウ、海軍大輔の勝海舟、陸軍元帥兼参議の西郷隆盛、大蔵卿の大久保利通らに聞き込みを開始。それぞれの証言から導き出した真相は思いがけないものだった……。(「明治の石」)

 歴史時代小説の世界に、新しい風を呼び込むべく集まった作家集団「操觚の会」のメンバーが、幕末に起きた暗殺を題材にして描いた書き下ろし短編競作集。

 取り上げられているのは桜田門外の変、塙忠宝暗殺、清河八郎暗殺、佐久間象山暗殺、坂本龍馬暗殺、油小路の変、孝明天皇毒殺という、幕末期に立て続けに起きた7つの事件。暗殺事件の定説を見事に覆す新しい展開に、歴史推理ファンなら、ツボにはまること間違いなしだ。(中央公論新社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る