北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「騎虎の将 太田道灌」(上・下) 幡大介著

公開日:  更新日:

 江戸城を造った男、太田道灌を描く長編である。物語の背景となるのは、関東管領山内上杉憲忠の暗殺から始まる享徳の乱だ。要するに関東を舞台にした武士たちの覇権争いである。

 足利幕府は京にあり、将軍もそちらにいるので、関東の差配は武士に委ねられる。これが一枚岩なら問題ないのだが、複雑な歴史と思惑が入り乱れ、全然まとまらない。かくて始まる戦乱が、28年にも及ぶ享徳の乱である。戦国時代の端緒にもなったといわれている戦乱だ。その人間関係は複雑で入り組んでいるが、本書はそれを要領よく平易に描いていくので、どんどん物語に引き込まれていく。うまいなあ。

 当時の風俗習慣なども克明に語られるので情報小説として面白いことも特筆ものだ。例えば関東の農地の大半は荘園で、その年貢を京に運ぶために武士階級が生まれたとか、戦時には荘園を守るために年貢の半分をもらうことができたとか、次々に出てくるので興趣が尽きない。

 しかしそれよりもなによりも、物語の中心にいる太田道灌がいい。戦略の天才で、魅力あふれる男なのだ。さらに、戦場シーンも鮮やかだから目を離すことができない。太田道灌は上杉家の当主ではなく家宰にすぎなかったので自由な戦闘ができず、そこにこの男の悲劇があったのだが、そのためにこの長編に奥行きが生まれていることも見逃せない。快著だ。(徳間書店 各2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る