「経済で謎を解く関ヶ原の戦い」武田知弘著

公開日:  更新日:

 関ケ原の戦いが、たった数時間で勝敗が決まったのはなぜか。日本史の謎のひとつを、経済という視点から読み解く歴史読み物。

 戦いの前、石田三成と徳川家康の間では、経済戦争ともいえる状態が起きていた。秀吉の死後、家康は三成が管理していた豊臣家の直轄領を勝手に諸大名に知行として与え始める。豊臣家のパワーを弱めた上に、豊臣家の資産で諸大名に恩まで売ったのだ。その知行乱発で恩恵を受けたのが、関ケ原の戦いのキーパーソンとなる小早川秀秋だった。

 その上で関ケ原の戦いでわざわざ三成が挙兵しやすい状況をつくったり、不利な陣形で戦いを始めた理由を家康の経済事情から解説。歴史のもうひとつの見方を教えてくれる、読めば納得の面白本。(青春出版社 920円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る