「経済で謎を解く関ヶ原の戦い」武田知弘著

公開日: 更新日:

 関ケ原の戦いが、たった数時間で勝敗が決まったのはなぜか。日本史の謎のひとつを、経済という視点から読み解く歴史読み物。

 戦いの前、石田三成と徳川家康の間では、経済戦争ともいえる状態が起きていた。秀吉の死後、家康は三成が管理していた豊臣家の直轄領を勝手に諸大名に知行として与え始める。豊臣家のパワーを弱めた上に、豊臣家の資産で諸大名に恩まで売ったのだ。その知行乱発で恩恵を受けたのが、関ケ原の戦いのキーパーソンとなる小早川秀秋だった。

 その上で関ケ原の戦いでわざわざ三成が挙兵しやすい状況をつくったり、不利な陣形で戦いを始めた理由を家康の経済事情から解説。歴史のもうひとつの見方を教えてくれる、読めば納得の面白本。(青春出版社 920円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る