「ブックのいた街」関口尚著

公開日: 更新日:

 西陽は、都心の部屋を引き払い、小平市の「ラブリ商店街」にある実家に戻ることに。何事にもケチをつける父親を幼いころから嫌っていた西陽は、希望した美大への進学も父親に反対され断念。それでも諦めず、社会人になっても、日本画家として独り立ちをすることを夢見て創作に励んでいた。しかし、そんな娘を認めようとしない父親とぶつかり家を出て10年が経っていた。

 引っ越し屋によると、ラブリ商店街はシャッター街になってしまったらしい。当時を思い出す西陽は、父親がかわいがっていたブックという名の犬のことを思い出す。ブックはとても賢く、商店街の人々に愛される野良犬だった。

 良き「相談役」ブックと商店街の人々が織りなすハートウオーミングな連作集。

(祥伝社 630円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る

人気キーワード