「ブックのいた街」関口尚著

公開日: 更新日:

 西陽は、都心の部屋を引き払い、小平市の「ラブリ商店街」にある実家に戻ることに。何事にもケチをつける父親を幼いころから嫌っていた西陽は、希望した美大への進学も父親に反対され断念。それでも諦めず、社会人になっても、日本画家として独り立ちをすることを夢見て創作に励んでいた。しかし、そんな娘を認めようとしない父親とぶつかり家を出て10年が経っていた。

 引っ越し屋によると、ラブリ商店街はシャッター街になってしまったらしい。当時を思い出す西陽は、父親がかわいがっていたブックという名の犬のことを思い出す。ブックはとても賢く、商店街の人々に愛される野良犬だった。

 良き「相談役」ブックと商店街の人々が織りなすハートウオーミングな連作集。

(祥伝社 630円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    高嶋哲夫氏「首都感染」は予言の書ではなく予測できたこと

  7. 7

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  8. 8

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  9. 9

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  10. 10

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

もっと見る