「ブルース」桜木紫乃氏

公開日:  更新日:

 物語は、落ちぶれた社長夫人が目に留めた新聞の訃報記事、「影山グループ代表・影山博人(享年52歳)」から始まる。著者には珍しく、男が主人公だ。

「私が描く男は、女々しくてだらしない男ばかりと言われてきたので、たまにはいい男を描いてやろうと思ったんです。そのとき頭に浮かんだのが、『太陽にほえろ!』の殉職シーン。私の中では、いい男は生き急いでいて、長生きしないイメージがあって(笑い)。書き進めるうちに、ペンが道端に生える雑草のような強さを持つ、そんな男を生みだしました」

 霧深い釧路の街の、人々がさげすむ「崖の下」の長屋で父親を知らずに育った博人には6本の指があった。そんな過去を持つ博人に引かれた8人の女たちの視点で物語は紡がれていく。冒頭の「恋人形」では、中学3年の牧子が興味本位で近づき一夜を過ごした同級生・博人の過酷な少年時代を、第3章「鍵」では、博人をかつて“買った”主婦・美樹が、数年後、博人と再会し身も心も溺れていく日々を語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

もっと見る