「ブルース」桜木紫乃氏

公開日:  更新日:

 物語は、落ちぶれた社長夫人が目に留めた新聞の訃報記事、「影山グループ代表・影山博人(享年52歳)」から始まる。著者には珍しく、男が主人公だ。

「私が描く男は、女々しくてだらしない男ばかりと言われてきたので、たまにはいい男を描いてやろうと思ったんです。そのとき頭に浮かんだのが、『太陽にほえろ!』の殉職シーン。私の中では、いい男は生き急いでいて、長生きしないイメージがあって(笑い)。書き進めるうちに、ペンが道端に生える雑草のような強さを持つ、そんな男を生みだしました」

 霧深い釧路の街の、人々がさげすむ「崖の下」の長屋で父親を知らずに育った博人には6本の指があった。そんな過去を持つ博人に引かれた8人の女たちの視点で物語は紡がれていく。冒頭の「恋人形」では、中学3年の牧子が興味本位で近づき一夜を過ごした同級生・博人の過酷な少年時代を、第3章「鍵」では、博人をかつて“買った”主婦・美樹が、数年後、博人と再会し身も心も溺れていく日々を語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  7. 7

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る