日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ブルース」桜木紫乃氏

 物語は、落ちぶれた社長夫人が目に留めた新聞の訃報記事、「影山グループ代表・影山博人(享年52歳)」から始まる。著者には珍しく、男が主人公だ。

「私が描く男は、女々しくてだらしない男ばかりと言われてきたので、たまにはいい男を描いてやろうと思ったんです。そのとき頭に浮かんだのが、『太陽にほえろ!』の殉職シーン。私の中では、いい男は生き急いでいて、長生きしないイメージがあって(笑い)。書き進めるうちに、ペンが道端に生える雑草のような強さを持つ、そんな男を生みだしました」

 霧深い釧路の街の、人々がさげすむ「崖の下」の長屋で父親を知らずに育った博人には6本の指があった。そんな過去を持つ博人に引かれた8人の女たちの視点で物語は紡がれていく。冒頭の「恋人形」では、中学3年の牧子が興味本位で近づき一夜を過ごした同級生・博人の過酷な少年時代を、第3章「鍵」では、博人をかつて“買った”主婦・美樹が、数年後、博人と再会し身も心も溺れていく日々を語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事