• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ある日、手にしたパンは異次元のうまさだった

「まぼろしのパン屋」松宮宏著 徳間文庫/610円+税

 朝食はパンか、ご飯か。各種統計によって数字は異なるが、大ざっぱに全体では、ご飯がパンをやや上回り、若い世代はご飯派、高齢者はパン派が多いようだ。本書の主人公はコメと納豆の朝食で育った50代の男性。それがこのところ昼を除いて、朝も晩もパンという生活を強いられている。

【あらすじ】
大手電鉄会社に勤める高橋は35年ローンを組み、自社が開発した神奈川県大和市つきみ野に一軒家を購入。毎日1時間かけて渋谷の会社まで通っていて、いかに座席を確保するかが日々の大事な課題という、平々凡々たるサラリーマン人生を送っていた。

 このまま万年課長で終わるかと思っていたら、3年前、裏金スキャンダルで飛ばされた上司に代わって、財務部長に就任。とはいえ、実質的にはお飾り部長で、やり手の執行役員の手足にすぎないのだが、余裕ができたのか妻はこのところパン作りに夢中。その試食で朝も晩もパンという羽目になったのだ。

 ある日曜日のこと、早朝出勤を命ぜられ、平日と違ってガラガラの電車に乗っていると、目の前にいた老女が、「どうぞ」と白い紙袋を差し出してきた。紙袋には「しあわせパン」と店名と住所が記されていて、開けるとひと握り大のフランスパンが入っていた。勧められるまま口にすると、妻の作るパンとは異次元のうまさだ。その後、住所を頼りにそのパン屋を訪ねてみると、店は空き家で店主の老女も5年前に亡くなっているという……。

【読みどころ】
うだつのあがらないサラリーマンの人生が、偶然に口にしたパンによって大きく変わっていくというファンタスティックな物語。表題作の他、神戸の焼き肉と姫路のおでんが登場する2編を併録。心温まる食べ物短編集。 
<石>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る