坂爪真吾
著者のコラム一覧
坂爪真吾

「新しい性の公共」を目指し、重度身体障害者への射精介助サービスや各種討論会を開く一般社団法人ホワイトハンズ代表理事。著書に「男子の貞操」(ちくま新書)、「はじめての不倫学」(光文社新書)など。

運転免許証1枚で即採用の「最後の砦」

公開日:  更新日:

「デリヘルドライバー」東良美季著 駒草出版/1500円+税

 駅前や繁華街を歩いていると、ホテルの前や路上に止まっている怪しげなワゴンを見かけることがある。ワゴンの中では、丸刈りに黒革のジャケットを着たいかつい男性が、運転席でスマホをいじっている。いわゆる「デリワゴン」=デリヘルで働く女性をホテルまで送迎するための車だ。しばらくすると、ホテルから出てきた女性が小走りで乗車し、ワゴンは何事もなかったかのように発車する。

 夜の世界を支える縁の下の力持ちでありながら、これまで語られることの少なかったデリヘルドライバーの素顔に焦点を当てたのが本書である。

 ドライバーとして、9人の男性たちが登場する。元ヤクザ、ギャル男、闇金、バイオリニストなど多様な個性や職歴の持ち主だが、いずれもさまざまな職を転々として、最後にたどり着いた仕事がデリヘルのドライバーだった、という点は共通している。

 女性にとって、自らの体を使う仕事であるデリヘルは「最後の砦」といわれているが、男性にとっても、運転免許証1枚があれば即日採用になり、過去や経歴を問われないデリヘルドライバーの仕事は「最後の砦」なのかもしれない。

 風俗店の男性スタッフやドライバーという仕事が、ある種の「漂着の浜辺」として、表社会からはじかれた人たちを包摂する場として機能していることがうかがえる。

 本書の特徴は、そんな彼らを突き放すのでも見下すのでもなく、「私たちと同じ現実の中で、額に汗して働く男たち」として捉え、彼らの語りに寄り添いながら、個々の人間的な魅力を描き出している点にある。そうした著者の温かい姿勢が、ありがちな底辺ルポではなく、読み応えのあるヒューマンドラマとして本書を成立させている。

 決して明るい話ばかりではないが、取材対象者の悲惨さだけを強調する貧困ルポに疲れた方には一読をお勧めしたい。真夜中にデリワゴンの助手席に乗りながら、知られざる東京の街並みを駆け抜ける臨場感と疾走感が味わえるはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る