「シノン 覚醒の悪魔」ダン・T・セールベリ著、吉田薫訳

公開日:  更新日:

 エリックは、別荘に招いた友人から、以前、妻のハンナを死のふちに追い込んだウイルスが再び息を吹き返し、感染が広がっていると聞き、青ざめる。システム工学博士のエリックが開発した「マインドサーフ」を介してハンナの体内に入ったコンピューターウイルス「モナ」を起源とする生物学的ウイルス「NCoLV」は、宿主の体内で遭遇した他のウイルスの遺伝子を取り込み、変異のたびに致死率を上げているようだ。ストックホルムにある感染症予防研究所の委託を受けたクリオノルディック社が、ワクチン開発のためハンナの血の提供を求めてくる。

 モサドの女諜報員やイスラム過激派スパイなどが入り乱れ、ワールドワイドに展開する社会派エンターテインメント。

 (小学館 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る