「シノン 覚醒の悪魔」ダン・T・セールベリ著、吉田薫訳

公開日:  更新日:

 エリックは、別荘に招いた友人から、以前、妻のハンナを死のふちに追い込んだウイルスが再び息を吹き返し、感染が広がっていると聞き、青ざめる。システム工学博士のエリックが開発した「マインドサーフ」を介してハンナの体内に入ったコンピューターウイルス「モナ」を起源とする生物学的ウイルス「NCoLV」は、宿主の体内で遭遇した他のウイルスの遺伝子を取り込み、変異のたびに致死率を上げているようだ。ストックホルムにある感染症予防研究所の委託を受けたクリオノルディック社が、ワクチン開発のためハンナの血の提供を求めてくる。

 モサドの女諜報員やイスラム過激派スパイなどが入り乱れ、ワールドワイドに展開する社会派エンターテインメント。

 (小学館 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る