「ドクター・マーフィー」ジム・トンプスン著、高山真由美訳

公開日: 更新日:

 ドクター・マーフィーはアルコール依存症患者専門の療養所〈エル・ヘルソ〉を経営しているが、1万5000ドルを今日中に用意しなければ閉鎖するしかない。頼みはロボトミー手術を受けてここに送られてきたヴァン・トワインの裕福な家族だ。

 そのトワインが、昨夜は鎮静剤がまったく効かず、手に負えない状態だった。夜間の看護を担当しているジャドソンがシーツをはがして、とんでもないことが起こっていることに気づいたと報告する。その時、トワインの病室からぞっとするような叫び声が聞こえた。マーフィーが病室に向かうと、看護師のミス・ベイカーに出会った。

 療養所の長い一日を描く風刺小説。

(文遊社 2300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    渡り合える「強さ」で拭い去った夏目三久の「有吉の壁」

  7. 7

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

  10. 10

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

もっと見る

人気キーワード