「ドクター・マーフィー」ジム・トンプスン著、高山真由美訳

公開日:  更新日:

 ドクター・マーフィーはアルコール依存症患者専門の療養所〈エル・ヘルソ〉を経営しているが、1万5000ドルを今日中に用意しなければ閉鎖するしかない。頼みはロボトミー手術を受けてここに送られてきたヴァン・トワインの裕福な家族だ。

 そのトワインが、昨夜は鎮静剤がまったく効かず、手に負えない状態だった。夜間の看護を担当しているジャドソンがシーツをはがして、とんでもないことが起こっていることに気づいたと報告する。その時、トワインの病室からぞっとするような叫び声が聞こえた。マーフィーが病室に向かうと、看護師のミス・ベイカーに出会った。

 療養所の長い一日を描く風刺小説。

(文遊社 2300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る