• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ドクター・マーフィー」ジム・トンプスン著、高山真由美訳

 ドクター・マーフィーはアルコール依存症患者専門の療養所〈エル・ヘルソ〉を経営しているが、1万5000ドルを今日中に用意しなければ閉鎖するしかない。頼みはロボトミー手術を受けてここに送られてきたヴァン・トワインの裕福な家族だ。

 そのトワインが、昨夜は鎮静剤がまったく効かず、手に負えない状態だった。夜間の看護を担当しているジャドソンがシーツをはがして、とんでもないことが起こっていることに気づいたと報告する。その時、トワインの病室からぞっとするような叫び声が聞こえた。マーフィーが病室に向かうと、看護師のミス・ベイカーに出会った。

 療養所の長い一日を描く風刺小説。

(文遊社 2300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事