「オリジン」(上・下)ダン・ブラウン著、越前敏弥訳

公開日:  更新日:

 世界的ベストセラー「ダ・ヴィンチ・コード」の作者による最新作。読者にはおなじみの宗教象徴学者ロバート・ラングドンが、人類最大の謎に迫る。ラングドンは、スペイン・ビルバオのグッゲンハイム美術館に招かれていた。元教え子の天才未来学者エドモンド・カーシュが、ここで人類最大の謎を解き明かすプレゼンテーションを行うというのだ。

「われわれはどこから来たのか」、そして、「われわれはどこへ行くのか」。人類の根源的な問いに答える科学的新発見を、インターネットを通じて世界同時配信する計画だという。カーシュは、美貌の美術館長にしてスペイン王子の婚約者アンブラ・ビダルの協力を得て準備を進めていた。

 人類の起源については2つの説しかない。神の創造物、あるいは、進化の産物。カーシュは第3の可能性を発見したのだろうか。彼が発表しようとしていることは、全宗教の否定にもつながりかねない。

 3次元映像を駆使したプレゼンが佳境に入ろうとしたとき、演壇上のカーシュは何者かに額を撃ち抜かれて絶命する。

 いったい誰が、何のために? 教え子の無残な死の衝撃と、科学者としての興味に突き動かされたラングドンは、アンブラとともに謎の解明に乗り出す。助っ人はカーシュが残した聡明な人工知能ウィンストン。著者最高傑作との評判にたがわず、上巻一気読み、下巻に突入は間違いなし。

(KADOKAWA 各1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  2. 2

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  9. 9

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  10. 10

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

もっと見る