「オリジン」(上・下)ダン・ブラウン著、越前敏弥訳

公開日:  更新日:

 世界的ベストセラー「ダ・ヴィンチ・コード」の作者による最新作。読者にはおなじみの宗教象徴学者ロバート・ラングドンが、人類最大の謎に迫る。ラングドンは、スペイン・ビルバオのグッゲンハイム美術館に招かれていた。元教え子の天才未来学者エドモンド・カーシュが、ここで人類最大の謎を解き明かすプレゼンテーションを行うというのだ。

「われわれはどこから来たのか」、そして、「われわれはどこへ行くのか」。人類の根源的な問いに答える科学的新発見を、インターネットを通じて世界同時配信する計画だという。カーシュは、美貌の美術館長にしてスペイン王子の婚約者アンブラ・ビダルの協力を得て準備を進めていた。

 人類の起源については2つの説しかない。神の創造物、あるいは、進化の産物。カーシュは第3の可能性を発見したのだろうか。彼が発表しようとしていることは、全宗教の否定にもつながりかねない。

 3次元映像を駆使したプレゼンが佳境に入ろうとしたとき、演壇上のカーシュは何者かに額を撃ち抜かれて絶命する。

 いったい誰が、何のために? 教え子の無残な死の衝撃と、科学者としての興味に突き動かされたラングドンは、アンブラとともに謎の解明に乗り出す。助っ人はカーシュが残した聡明な人工知能ウィンストン。著者最高傑作との評判にたがわず、上巻一気読み、下巻に突入は間違いなし。

(KADOKAWA 各1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る