「水底の女」レイモンド・チャンドラー著、村上春樹訳

公開日: 更新日:

 私立探偵のフィリップ・マーロウは香水会社の経営者、キングズリーに失踪した妻の安否確認を依頼される。湖畔のキャビンに滞在していた妻のクリスタルがいなくなり、愛人のクリスと結婚するという電報が届いた。駆け落ちかと思われたが、クリスは、クリスタルには長い間会っていないと言う。湖畔のキャビンを訪れたマーロウは、湖で女性の死体を発見する。それは、キャビンの管理人、ビルの妻、ミュリエルだった。彼女はクリスタルと同じ日に、書き置きを残して失踪していた。そして、ミュリエルそっくりのミルドレッドという女を警官が捜していたという。

 旧題「湖中の女」の村上春樹による新訳版。

(早川書房 2300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る