「本のエンドロール」安藤祐介著

公開日: 更新日:

 主人公は印刷会社の営業部に籍を置く浦本学。彼は就活生を前にした説明会で「印刷会社はメーカーです」と言ったことで、周りからひんしゅくを買ってしまう。

 ある日、浦本が無理な進行の割り込み作業を印刷工場に頼んだところ、作業員で同僚の野末に「おまえは客の言葉を伝えるだけの伝書バトだ」と激怒され、険悪なムードに。さらに、印刷機が故障でストップ。機械を休ませて点検する時間さえあれば、起こらなかったトラブルだった。

 浦本は自責の念に駆られながらも、立ち寄った出版社で編集者からある小説の刊行を2カ月早めたいと頼まれ、再び請け負ってしまう……。

 紙媒体の部数が落ち込む中、“本をつくる”という夢に向かって進む印刷会社のさまざまな部門で働く人々を描いた長編小説。 (講談社 1650円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  5. 5

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  6. 6

    タモリが「国民的スター」になる前の話 生き証人に聞いた

  7. 7

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  8. 8

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  9. 9

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  10. 10

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

もっと見る

人気キーワード