「本のエンドロール」安藤祐介著

公開日:  更新日:

 主人公は印刷会社の営業部に籍を置く浦本学。彼は就活生を前にした説明会で「印刷会社はメーカーです」と言ったことで、周りからひんしゅくを買ってしまう。

 ある日、浦本が無理な進行の割り込み作業を印刷工場に頼んだところ、作業員で同僚の野末に「おまえは客の言葉を伝えるだけの伝書バトだ」と激怒され、険悪なムードに。さらに、印刷機が故障でストップ。機械を休ませて点検する時間さえあれば、起こらなかったトラブルだった。

 浦本は自責の念に駆られながらも、立ち寄った出版社で編集者からある小説の刊行を2カ月早めたいと頼まれ、再び請け負ってしまう……。

 紙媒体の部数が落ち込む中、“本をつくる”という夢に向かって進む印刷会社のさまざまな部門で働く人々を描いた長編小説。 (講談社 1650円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る