• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「本のエンドロール」安藤祐介著

 主人公は印刷会社の営業部に籍を置く浦本学。彼は就活生を前にした説明会で「印刷会社はメーカーです」と言ったことで、周りからひんしゅくを買ってしまう。

 ある日、浦本が無理な進行の割り込み作業を印刷工場に頼んだところ、作業員で同僚の野末に「おまえは客の言葉を伝えるだけの伝書バトだ」と激怒され、険悪なムードに。さらに、印刷機が故障でストップ。機械を休ませて点検する時間さえあれば、起こらなかったトラブルだった。

 浦本は自責の念に駆られながらも、立ち寄った出版社で編集者からある小説の刊行を2カ月早めたいと頼まれ、再び請け負ってしまう……。

 紙媒体の部数が落ち込む中、“本をつくる”という夢に向かって進む印刷会社のさまざまな部門で働く人々を描いた長編小説。 (講談社 1650円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る