北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

公開日: 更新日:

 うまいな、額賀澪。大学の卒業制作の映画を撮ることができるのは、たった1人。監督志望の安原と北川は、シナリオコンペで対決する。どちらが勝つかはすぐに明らかになるが、一応読んでのお楽しみにしておく。勝った方(つまり監督になる方だ)は、負けたやつに「プロデューサー、やってくれないかな」と頭を下げて撮影が始まっていく。

 監督志望で、コンペで負けて、そしてプロデューサーになるのだ。当然、彼には鬱屈した思いがある。嫉妬がある。そういう心理的な葛藤がある。監督になる友人との間もぎこちないだろう。その微妙な心理を描いていき、しかし一緒に映画を撮ることで2人の友情はふたたび復活していく――こういう話になるのかな、と思っていた。

 もしそうであるなら、少しばかり退屈だ。ちらりとそう考えてしまったことを反省する。額賀澪がそんな話を書くわけがないのだ。生意気な役者との対決などをはじめとして映画制作のさまざまなドラマを克明に描いてたっぷりと読ませるけれど、真にすごいのはラスト。映画は一応の完成を見せるけれど、それでもこの長編は終わらないのだ。ラスト20ページが圧巻。ここで一気に感動がこみ上げる。

 こういう突然の盛り上げ方が、額賀澪は天才的にうまい。そこまでの制作のディテールも読ませるのだが、ラスト20ページでギアをもう一段階上げると言えばいいか。青春小説の傑作だ。 (講談社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)

    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)

  2. 2
    大谷翔平リーグ首位15敬遠の深層…「日本人ホームラン王」を望まないアメリカ人と中南米選手の本音

    大谷翔平リーグ首位15敬遠の深層…「日本人ホームラン王」を望まないアメリカ人と中南米選手の本音

  3. 3
    “ロン毛”で目撃された小室圭さんは超VIP帰国 結婚延期から3年半…眞子さまとの記者会見で何を語る

    “ロン毛”で目撃された小室圭さんは超VIP帰国 結婚延期から3年半…眞子さまとの記者会見で何を語る

  4. 4
    飯野矢住代誕生秘話<15>金子ノブアキ、KenKenの異母兄は生きていたら52歳に

    飯野矢住代誕生秘話<15>金子ノブアキ、KenKenの異母兄は生きていたら52歳に

  5. 5
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

もっと見る

  1. 6
    河野太郎氏が総裁選“急ブレーキ”の墓穴と誤算…ネットでバッシング激化し、討論会では集中砲火

    河野太郎氏が総裁選“急ブレーキ”の墓穴と誤算…ネットでバッシング激化し、討論会では集中砲火

  2. 7
    眞子さまが小室圭さんとの結婚を諦めなかった「2つの理由」…耐えて耐えて初志貫徹の執念

    眞子さまが小室圭さんとの結婚を諦めなかった「2つの理由」…耐えて耐えて初志貫徹の執念

  3. 8
    「飲みィのやりィの…」離婚の高市大臣“肉食自伝”の衝撃

    「飲みィのやりィの…」離婚の高市大臣“肉食自伝”の衝撃

  4. 9
    “ロン毛ポニテ”小室圭さんの脂ギッシュな帰国報道 普通の芸能ニュースでは太刀打ちできない

    “ロン毛ポニテ”小室圭さんの脂ギッシュな帰国報道 普通の芸能ニュースでは太刀打ちできない

  5. 10
    二階派が高市氏「全面支持」の仰天情報! “2位・3位連合潰し”で岸田総理誕生を絶対阻止

    二階派が高市氏「全面支持」の仰天情報! “2位・3位連合潰し”で岸田総理誕生を絶対阻止

人気キーワード