• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「マツコの何が“デラックス”か?」太田省一著

 マツコ・デラックスがなぜ人々を引きつけるのか。その魅力の秘密を分析するとともに、時代がマツコを求める理由を考察した現代社会論。

 著者は、マツコの自虐的な振る舞いの本質を、自分への批評性であると指摘。その批評性が他人に向けられるとき毒舌となるが、自分自身に対する厳しい批評があるから、マツコの毒舌は相手から一方的な攻撃とは受け取られずにすむと解き明かす。テレビでの発言や著作から、マイノリティーに属していながらテレビにおけるメジャーな存在になったその背景を探る。一方で敗戦後と同じような放心状態に陥った現在の日本社会が、転換期に生まれ育った「団塊ジュニア」の申し子としてマツコを必然的に呼び寄せたと読み解く。 (朝日新聞出版 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る