「マツコの何が“デラックス”か?」太田省一著

公開日: 更新日:

 マツコ・デラックスがなぜ人々を引きつけるのか。その魅力の秘密を分析するとともに、時代がマツコを求める理由を考察した現代社会論。

 著者は、マツコの自虐的な振る舞いの本質を、自分への批評性であると指摘。その批評性が他人に向けられるとき毒舌となるが、自分自身に対する厳しい批評があるから、マツコの毒舌は相手から一方的な攻撃とは受け取られずにすむと解き明かす。テレビでの発言や著作から、マイノリティーに属していながらテレビにおけるメジャーな存在になったその背景を探る。一方で敗戦後と同じような放心状態に陥った現在の日本社会が、転換期に生まれ育った「団塊ジュニア」の申し子としてマツコを必然的に呼び寄せたと読み解く。 (朝日新聞出版 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  4. 4

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  5. 5

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  6. 6

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  7. 7

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  8. 8

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  9. 9

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  10. 10

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

もっと見る