「恋塚」花房観音著

公開日:  更新日:

 女を殺した「俺」は、弁護士にストーカー殺人と報道されている事件の真相を明かす。世間では被害者が夫のために操を守って殺された悲劇のヒロインのように報道されているが、女は夫との間に「愛はない、ただの惰性。でも、別れてはくれない」と語っていた。その女・雪子は俺の叔母の再婚相手の連れ子で血がつながっていない親戚だった。

 離婚後、映像制作に携わっていた俺は、ある撮影現場でエキストラとして来ていた雪子と再会。久しぶりに会う雪子は、少女の頃とは見違えるほどきれいになっていた。後日、男女の関係となった2人は、やがてセックスに溺れ、お互いになくてはならない存在だったという。(表題作)

 性と愛の地獄にはまった男女を描く官能小説集。(講談社 630円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る