• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「恋塚」花房観音著

 女を殺した「俺」は、弁護士にストーカー殺人と報道されている事件の真相を明かす。世間では被害者が夫のために操を守って殺された悲劇のヒロインのように報道されているが、女は夫との間に「愛はない、ただの惰性。でも、別れてはくれない」と語っていた。その女・雪子は俺の叔母の再婚相手の連れ子で血がつながっていない親戚だった。

 離婚後、映像制作に携わっていた俺は、ある撮影現場でエキストラとして来ていた雪子と再会。久しぶりに会う雪子は、少女の頃とは見違えるほどきれいになっていた。後日、男女の関係となった2人は、やがてセックスに溺れ、お互いになくてはならない存在だったという。(表題作)

 性と愛の地獄にはまった男女を描く官能小説集。(講談社 630円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る