「恋塚」花房観音著

公開日:  更新日:

 女を殺した「俺」は、弁護士にストーカー殺人と報道されている事件の真相を明かす。世間では被害者が夫のために操を守って殺された悲劇のヒロインのように報道されているが、女は夫との間に「愛はない、ただの惰性。でも、別れてはくれない」と語っていた。その女・雪子は俺の叔母の再婚相手の連れ子で血がつながっていない親戚だった。

 離婚後、映像制作に携わっていた俺は、ある撮影現場でエキストラとして来ていた雪子と再会。久しぶりに会う雪子は、少女の頃とは見違えるほどきれいになっていた。後日、男女の関係となった2人は、やがてセックスに溺れ、お互いになくてはならない存在だったという。(表題作)

 性と愛の地獄にはまった男女を描く官能小説集。(講談社 630円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る