「わたつみ」花房観音著

公開日:

 主人公は、上京して夢だった映画製作を始めたものの、男にダマされて借金をつくり、故郷に帰らざるを得なくなった京子33歳。

 田舎は人間関係が狭く、何もかもがあっという間に噂話となって伝わってしまうため、せめて大きな工場で人に紛れて働こうと思い、地元の海産物加工工場「わたつみ」でアルバイトを始めた。

 そこで出会ったのは、中学の同級生でシングルマザーの美津香、50代半ばの真知子、東京育ちの夫と、はやらないカフェを開いているくるみ、30すぎても男と付き合ったことがない千里、2回り以上違う年上の男に嫁いだ20歳のフィリピン人のカレンら、東京では縁のなかった人たち。好奇心と嫉妬心がうずまく環境のなかで、それぞれが人に言えない事情を抱えていた……。

「花祀り」で第1回団鬼六賞大賞を受賞してデビューして以来、官能小説やホラー小説の分野で注目されている作家の最新作。田舎町で繰り広げられる女たちの性愛をこまやかに描いている。(中央公論新社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る