• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「情人」花房観音著

 1995年1月17日。神戸の公立高校に通う高校3年生の笑子は、尋常ではない地鳴りの音で目を覚ました。大きな揺れに襲われ、まだ暗い早朝、声を出し合って父や兄と無事を確認し合う。ところが京都に里帰りしていたはずの母親が、けがをした姿で男に背負われて現れる。その男は、叔父の再婚相手の連れ子の絵島兵吾。再婚後すぐに母をなくし、叔父も再々婚して居場所を失ったため、笑子の家では同情していたのだが、その兵吾が母の不倫相手だったのだ。

 ショックを受けた笑子は、大学進学を理由に京都でひとり暮らしを始める。年下の親戚の男に執着する母親と、そんな母親を、なにもなかったように受け入れる父親への疑問から、笑子は性の世界を探究し始めるのだが……。

 どこか冷めた性体験しかない若い女性が、母親の不倫をきっかけに性に目覚めていくエロチック小説。体と心は別々なのか。愛とは、結婚とは、セックスとは何なのか。しなやかで、感性で描いている。(幻冬舎 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る