「シャドウゲーム」大沢在昌著

公開日: 更新日:

 シンガー・ソングライターの優美は、2カ月前に交通事故で死んだ恋人・国夫が高校まで過ごした名古屋を訪ねる。数日前に、優美はお参りに訪ねた国夫の家で母親から見覚えのない一枚の楽譜を渡された。営業マンで音楽とは縁遠い国夫のものとは思われないその楽譜は「シャドウゲーム」というタイトルがついたバラード曲だった。国夫は事故の前日に名古屋を訪れており、そこで手に入れたと思われる。

 新しいアルバムにその曲を収録するため、作曲者を捜すために名古屋を訪ねた優美は、国夫の高校時代の担任も2カ月前に事故死したと知り、不安が募る。そんな優美をずっと尾行している男がいた。殺し屋の伊神だ。

 一枚の楽譜の秘密を巡る長編ハードボイルド。(徳間書店 660円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

  2. 2

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  3. 3

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  4. 4

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  5. 5

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  6. 6

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    ソフトバンク1位・佐藤直樹 ドラフト当日に上がった悲鳴

  9. 9

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

  10. 10

    「桜を見る会」問題 国会では真相の究明のみ全力を尽くせ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る