「シャドウゲーム」大沢在昌著

公開日: 更新日:

 シンガー・ソングライターの優美は、2カ月前に交通事故で死んだ恋人・国夫が高校まで過ごした名古屋を訪ねる。数日前に、優美はお参りに訪ねた国夫の家で母親から見覚えのない一枚の楽譜を渡された。営業マンで音楽とは縁遠い国夫のものとは思われないその楽譜は「シャドウゲーム」というタイトルがついたバラード曲だった。国夫は事故の前日に名古屋を訪れており、そこで手に入れたと思われる。

 新しいアルバムにその曲を収録するため、作曲者を捜すために名古屋を訪ねた優美は、国夫の高校時代の担任も2カ月前に事故死したと知り、不安が募る。そんな優美をずっと尾行している男がいた。殺し屋の伊神だ。

 一枚の楽譜の秘密を巡る長編ハードボイルド。(徳間書店 660円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  4. 4

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    会見で語られた父親の決意「娘を社長にしたのが間違い」

  10. 10

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

もっと見る

人気キーワード