「シャドウゲーム」大沢在昌著

公開日:  更新日:

 シンガー・ソングライターの優美は、2カ月前に交通事故で死んだ恋人・国夫が高校まで過ごした名古屋を訪ねる。数日前に、優美はお参りに訪ねた国夫の家で母親から見覚えのない一枚の楽譜を渡された。営業マンで音楽とは縁遠い国夫のものとは思われないその楽譜は「シャドウゲーム」というタイトルがついたバラード曲だった。国夫は事故の前日に名古屋を訪れており、そこで手に入れたと思われる。

 新しいアルバムにその曲を収録するため、作曲者を捜すために名古屋を訪ねた優美は、国夫の高校時代の担任も2カ月前に事故死したと知り、不安が募る。そんな優美をずっと尾行している男がいた。殺し屋の伊神だ。

 一枚の楽譜の秘密を巡る長編ハードボイルド。(徳間書店 660円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る