日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「雨の狩人」大沢在昌著

 新宿の雑居ビルで不動産会社社長の高部が射殺された。新宿署の暴力団担当の刑事・佐江は、本庁捜査一課の谷神と組んで捜査に加わる。2人は、使われた凶器から、3年前に起きた高利貸の片瀬が殺された事件との関係を疑う。暴力団の江口一家の資金源だった片瀬の死後、資金繰りが悪化した江口一家とその上部団体は、巨大組織・高河連合に吸収されていた。調べると、片瀬のほかにも江口一家に関係する高利貸が2人も不審死していた。さらに同時期、尾引会という団体も解散に追い込まれていたことが分かる。佐江は尾引会の関係者から凄腕の殺し屋の噂を耳にする。

 一匹狼の刑事を主人公にした長編警察エンターテインメント。(幻冬舎 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事