• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「十字架の王女 特殊捜査班カルテット3」大沢在昌氏

 2004年に誕生した物語がいよいよクライマックスを迎える。「特殊捜査班カルテット」シリーズの完結編である。

「もともとテレビドラマ化したいという思いから始動したシリーズで、若い読者に手に取ってもらいたい気持ちはありました。ただ、『ラノベ(ライトノベル)を意識したのか』と随分言われたんだけど、僕自身ラノベを読んだことがないのでよくわかりません(笑い)」

 主人公は、何者かに家族を惨殺された過去をもつタケル18歳。怒りを持て余し、純粋さを残す熱い少年だ。もうひとりは中国残留孤児3世のホウ。複雑な生い立ちゆえのアイデンティティーに悩み、絶望と虚無を内包した青年。このふたりを束ねるのが17歳のカスミ。容姿端麗・頭脳明晰だが、国際的犯罪組織のリーダーである父との葛藤を抱えている。

「彼らはプロの捜査官ではないし、反権力的思想もある。言うことを聞かないし、理屈抜きで動く。そんな彼らの“危うさ”が魅力のひとつだと思っています。僕の中でも新鮮なキャラクターでした。普段は冷静な大人を描くことが多いんでね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  3. 3

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  6. 6

    目黒5歳女児も 学歴コンプレックスの親がハマる“教育虐待”

  7. 7

    金融緩和継続 欧米と金利差拡大で円&国債大暴落の現実味

  8. 8

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

  9. 9

    公式本も発売 空前ブーム「おっさんずラブ」に続編あるか

  10. 10

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

もっと見る