“絶滅危惧種の量産”という人間の欲と矛盾

公開日: 更新日:

 絶滅危惧種保護法により、アメリカに持ち込むことは禁止されているにもかかわらず、実際には全米で盛んに売買されている生き物がいる。それは、アジアアロワナだ。

 体長は60~90センチ。キラキラしたうろこに覆われ、下顎にある長い2本のヒゲと体側に伸びた透き通った胸うろこが、空飛ぶ竜を連想させる。野生ではほとんど姿を消してしまったのに、養殖場では毎年、数十万匹が育てられ出荷されるという矛盾を抱えた生き物だ。国際的な観賞魚コンテストでは、3000万円近くの値が付いたこともあるという。

 エミリー・ボイト著、矢沢聖子訳「絶滅危惧種ビジネス」(原書房 2200円)は、アジアアロワナに対する人間たちの熱狂と、その闇を追ったルポルタージュだ。

 この魚の歴史は、近年の野生生物保護の歴史を物語るものといっても過言ではない。アジアアロワナは東南アジアの川や湖に分布し、野生で生息できる範囲はベトナム南部、カンボジア、タイ、そしてボルネオ島などに及ぶ。1964年、国際自然保護連合(IUCN)が淡水魚の生息調査を開始。アジアアロワナの数が減少しているという報告を受け、絶滅の恐れがある野生生物を記したレッドデータブックに追加した。

 これを受けてワシントン条約は、原則として国際取引を禁止した。しかし、アジアアロワナは現地ではごくありふれた食用魚であり、何より国際取引もほとんど行われてはいなかったという。にもかかわらず、国際取引の禁止が知れ渡ったことで、逆に珍しい魚だと注目されるようになってしまった。野生種の乱獲が始まり、観賞魚としての市場も生まれ、結果として価値が吊り上がったわけだ。

 80年代半ばになると闇取引が盛んになる一方、野生種激減に伴い東南アジアの各地で養殖も盛んになった。90年にワシントン条約は規制を一段階緩め、養殖されたものに限っての国際取引を認めた。合法取引を認めることで違法取引を防止しようとしたのだ。しかし、時すでに遅し。密猟された野生種が養殖魚として取引される道をつくっただけだった。

 フィッシュマフィアによる誘拐や殺人事件まで起きているアジアアロワナの市場。自然保護を阻む人間の欲の深さを見せつけられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  2. 2

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  3. 3

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  4. 4

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  5. 5

    千葉被災者から怒りと悲鳴…支援金わずか13億円という冷酷

  6. 6

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  7. 7

    G原監督 オーナー絶賛も“独裁”拍車で「短命政権」の可能性

  8. 8

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  9. 9

    事務所の社長を自ら解雇…小林幸子はマスコミから袋叩きに

  10. 10

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る