「海洋大異変」山本智之著

公開日: 更新日:

 現在、絶滅危惧種に指定されているニホンウナギ。漁獲量が激減しているが、その原因は乱獲と〈河川環境の悪化〉だという。河川をコンクリートなどで人工護岸化したうえ、堰や水門、ダムなどを造って川を分断したため、ウナギはすみかと餌の両方を奪われたのだ。

 ウナギを守るためには10年間の禁漁が必要となる。そして、ウナギだけでなく、国産のハマグリやアサリ、ワカメも危ない。今や日本の食文化が危機に瀕しているのだ。

 自然破壊、外来種の侵入、エルニーニョの影響、海の〈酸性化〉など、日本の海洋環境の変化をリポートした、気になる一冊。(朝日新聞出版 1600円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  5. 5

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  6. 6

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

  9. 9

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  10. 10

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

もっと見る