「オオカミたちの隠された生活」ジム&ジェイミー・ダッチャー著、岩井木綿子訳

公開日: 更新日:

■野生のオオカミと暮らし、その生態を観察

 さまざまな野生動物の記録映画を制作してきた著者夫妻は、撮影が難しいオオカミの生態を詳細に観察するため、6年間、アイダホ州のソートゥース山脈のふもとの原生地域でオオカミの群れとともに暮らした。本書は、間近で見た彼らの素顔を迫力ある写真とともに紹介しながら、オオカミと人類との関係を考察したネーチャーフォトブックだ。

 駆除の結果、一時は絶滅状態に追い込まれたアメリカのハイイロオオカミは、1974年に絶滅危惧種に指定され保護が始まり、1990年代には野生に放つ再導入プロジェクトが動き始める。そのプロジェクトに先んじて、夫妻はオオカミのために最適の地を選び出して柵で囲い(広さ10ヘクタール)、保護センターから譲り受けた大人2頭、子供4頭を放った。キャンプ生活を送りながら、子オオカミには自ら哺乳瓶で乳を飲ませ離乳食を与えて自分たちの存在に慣れさせたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る