「魔力の胎動」東野圭吾著

公開日:  更新日:

 鍼灸師のナユタは、右膝を傷めたスキーのジャンプ選手、坂屋幸広の治療にあたっていた。流体力学研究所の筒井とパソコンの画像で坂屋の過去のジャンプ映像を確認していたとき、開明大学医学部の羽原博士の娘、円華がやって来た。

 円華の母は7年前、竜巻に巻き込まれて亡くなったため、筒井の研究に興味をもったという。坂屋が自分のフォームを見ていると、円華が「上体の突っ込みが早い」と言い、体の左右のバランスが狂っているのが原因だと指摘した。そして、坂屋に、ジャンプの試合のとき、自分の合図に合わせてスタートしろと言いだした。(「第1章」)

 映画化もされた「ラプラスの魔女」の前日譚。(KADOKAWA 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  7. 7

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  8. 8

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  9. 9

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  10. 10

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

もっと見る