「魔力の胎動」東野圭吾著

公開日: 更新日:

 鍼灸師のナユタは、右膝を傷めたスキーのジャンプ選手、坂屋幸広の治療にあたっていた。流体力学研究所の筒井とパソコンの画像で坂屋の過去のジャンプ映像を確認していたとき、開明大学医学部の羽原博士の娘、円華がやって来た。

 円華の母は7年前、竜巻に巻き込まれて亡くなったため、筒井の研究に興味をもったという。坂屋が自分のフォームを見ていると、円華が「上体の突っ込みが早い」と言い、体の左右のバランスが狂っているのが原因だと指摘した。そして、坂屋に、ジャンプの試合のとき、自分の合図に合わせてスタートしろと言いだした。(「第1章」)

 映画化もされた「ラプラスの魔女」の前日譚。(KADOKAWA 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る