• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ひと」小野寺史宜著

 高2のときに父を亡くし、20歳で母を亡くした柏木聖輔は、大学を中退し、仕事を探していた。財布の中身は55円。肉屋で50円のコロッケを買おうとしたが、横から割り込んだおばあさんに最後のひとつを譲った。メンチカツはあるが120円。店主が50円でいいと言ってくれたので、店先で食べていると、「アルバイト募集」の張り紙が目に入った。時間給950円。即言った、「働かせてください」。

 翌日、履歴書を持って訪れ「ここで働いたら、実務経験証明書に印鑑もらえますか?」と尋ねた。大卒の資格は取れない。この先身に付けられる技術は、と考えたら、答えがぽんと出た。父と同じ調理師だ。突然、ひとりぼっちになった青年を描く青春小説。(祥伝社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る