「悪の箴言」鹿島茂著

公開日: 更新日:

「凡人は、概して、自分の能力を超えることをすべて断罪する」(ラ・ロシュフコー箴言集)

 世界の1%の金持ちが99%の貧乏人を支配しているというが、才能の格差の比率もほぼ同じである。だが、所得格差と違って、99%の凡人が1%の非凡人を支配している。民主主義というのは99%の凡人の考えで決定されることが多いからだ。

 シドニー・ルメット監督の「十二人の怒れる男」のように1%の非凡人が99%の凡人を説得して真実に目覚めさせるのが民主主義だが、実際にはトランプがアメリカの大統領になるなど、メディオクラシー(凡人支配)が21世紀の世界を覆いつつある。他にパスカルなど、著者が集めた「言葉の短刀」の切れ味が堪能できる一冊。

(祥伝社 1800円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  8. 8

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  9. 9

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  10. 10

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

もっと見る