• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「未来恐慌」機本伸司著

 2029年、プログラマーの別所は、勤務先から出向して翌年に開催されるウェブ万国博覧会の日本館パビリオンの制作に携わる。

 仮想空間で開催されるウェブ万博の日本館の目玉は、スーパーコンピューターによる詳細な未来予測だった。未来学者の大竹の監修で、コンピューターがはじき出した未来は、株価の下落に伴う燃料費の高騰による恐慌がきっかけとなり、経済システムが破綻。グローバル化した社会が崩壊することで、人類は滅亡に至るというものだった。デモンストレーションを見た上層部は、大竹を更迭して、新たなデータで未来予測がつくられることになった。そんなある日、高速自動取引によって株価が急落する。

 読み進めるほどに背筋が寒くなる経済版「日本沈没」。

 (祥伝社 790円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る