「禁断の説得術応酬話法」村西とおる著

公開日:  更新日:

 かつて「AVの帝王」と呼ばれ年商100億円のAVメーカーを経営していた著者は、会社の倒産で50億円の借金を抱える。返済に追われる中、金を借りていた知人に呼び出され山奥のダムに連れていかれた著者は、ダムに飛び込むよう命じられた。

 その要求を撤回させるために気がつくと土下座しながら、1時間にわたって知人を説得。帰りの車中では昔の友人関係に戻っていたという。その時に知人を納得させたのは著者がセールスマン時代に身につけた「応酬話法」だった。

「応酬話法」とは、客からの疑問・質問・反論に答えるためのセールストーク。AV出演交渉から、その後の借金完済まで、人生の武器となった「応酬話法」の実際をさまざまなエピソードとともに伝授。(祥伝社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る