• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「禁断の説得術応酬話法」村西とおる著

 かつて「AVの帝王」と呼ばれ年商100億円のAVメーカーを経営していた著者は、会社の倒産で50億円の借金を抱える。返済に追われる中、金を借りていた知人に呼び出され山奥のダムに連れていかれた著者は、ダムに飛び込むよう命じられた。

 その要求を撤回させるために気がつくと土下座しながら、1時間にわたって知人を説得。帰りの車中では昔の友人関係に戻っていたという。その時に知人を納得させたのは著者がセールスマン時代に身につけた「応酬話法」だった。

「応酬話法」とは、客からの疑問・質問・反論に答えるためのセールストーク。AV出演交渉から、その後の借金完済まで、人生の武器となった「応酬話法」の実際をさまざまなエピソードとともに伝授。(祥伝社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  10. 10

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

もっと見る