「禁断の説得術応酬話法」村西とおる著

公開日: 更新日:

 かつて「AVの帝王」と呼ばれ年商100億円のAVメーカーを経営していた著者は、会社の倒産で50億円の借金を抱える。返済に追われる中、金を借りていた知人に呼び出され山奥のダムに連れていかれた著者は、ダムに飛び込むよう命じられた。

 その要求を撤回させるために気がつくと土下座しながら、1時間にわたって知人を説得。帰りの車中では昔の友人関係に戻っていたという。その時に知人を納得させたのは著者がセールスマン時代に身につけた「応酬話法」だった。

「応酬話法」とは、客からの疑問・質問・反論に答えるためのセールストーク。AV出演交渉から、その後の借金完済まで、人生の武器となった「応酬話法」の実際をさまざまなエピソードとともに伝授。(祥伝社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  9. 9

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  10. 10

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

もっと見る

人気キーワード