「禁断の説得術応酬話法」村西とおる著

公開日: 更新日:

 かつて「AVの帝王」と呼ばれ年商100億円のAVメーカーを経営していた著者は、会社の倒産で50億円の借金を抱える。返済に追われる中、金を借りていた知人に呼び出され山奥のダムに連れていかれた著者は、ダムに飛び込むよう命じられた。

 その要求を撤回させるために気がつくと土下座しながら、1時間にわたって知人を説得。帰りの車中では昔の友人関係に戻っていたという。その時に知人を納得させたのは著者がセールスマン時代に身につけた「応酬話法」だった。

「応酬話法」とは、客からの疑問・質問・反論に答えるためのセールストーク。AV出演交渉から、その後の借金完済まで、人生の武器となった「応酬話法」の実際をさまざまなエピソードとともに伝授。(祥伝社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  2. 2

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  3. 3

    NGT48崩壊の足音 “山口真帆派”高沢&渡邉が活動辞退を表明

  4. 4

    安倍首相「他の制度示した人いない」年金議論ガン無視発言

  5. 5

    離婚で女性の敵に…ビートたけしを待ち受けるイバラの道

  6. 6

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  7. 7

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  8. 8

    八村塁もいずれは大富豪 NBA選手の副収入が“ハンパない”

  9. 9

    注目のLIXIL株主総会 開始時間「11時」に飛び交う疑問

  10. 10

    ドラマ内定情報も 山口真帆“リベンジの狼煙”早くも上がる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る